メニュー
面倒くさい白髪染めを簡単便利に!自宅で出来るからコスパ最強!ボタン

    『銀行預金』『郵貯』定期預金は早く解約しましょう!倒産直前!

    銀行預金、郵貯を解約
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    あなたは現在、銀行郵便局にお金を預けていますか?

    早めに解約をしておくことをおすすめします。

    今後の日本の経済状況を考えると、日本の銀行、郵便局はどんどん無くなって行くようです。

    銀行預金や郵貯の解約をして、たいせつなお金を別の方法で守っていきましょう。

    銀行に預けているお金を、守る方法を勉強していきます。

    あなたの大切なお金を失わないための記事です。

    目次

    銀行が終わる!定期預金は早く解約しましょう

    f:id:mitsuekk:20211024130409j:plain
    銀行が半分に減る

    銀行が終わる理由について

    銀行の貸付業による収益がない

    マイナス金利により、貸付業による銀行の収益がない

    銀行のATM手数料が高い

    コンビニ銀行に負けている

    【セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行】などにより、今まで銀行が行ってきた送金・決済の機能が

    コンビニで出来るようになった。

    また、【セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行】などは、手数料が安いし、無い場合もある。

    銀行が消費者金融会社と経営統合する

    銀行が、キャッシング業務をはじめた。

    今の銀行の収益は、消費者金融とキャッシング事業でまかなっている。

    もうすでに本来の銀行の業務ではない!

    f:id:mitsuekk:20211024130427j:plain
    三菱UFJ銀行店舗4割減

    『銀行に預けたお金』今後どうなる?

    銀行のペイオフ制度の信頼性がない。

    ※ペイオフ制度とは、金融機関が破綻したときに、預金保険制度に基づき預金保険機構が預金者に直接保険金支払いを行うことをいいます。合算して元本1,000万円までと、その利息等を保護(1,000万円を超える部分は、破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われます。)

    銀行預金のリスク

    銀行が経営不安を噂されて、預金者が現金引き出しに圧倒した場合に、

    銀行には現金の用意がないのでお金を支払えない。

    いざという時にお金を支払えないことが銀行預金のリスク。

    場合によっては『預金封鎖』という手段を、国とともにとる事もありうる。

    ※終戦直後、昭和21年に日本でも預金封鎖が起こり、資産課税が行われた事実!

    f:id:mitsuekk:20211024131132j:plain
    かつて実施された財産税

    銀行預金の対策について『定期預金は早く解約しておく!』

    銀行預金の利用の仕方

    ①一度に200万円を超える取引はしない
    
    ②マイナンバーは資産と紐付けない
    
    ③定期預金などは解約してタンス預金へ
    
    ④資産を海外へ移す

    とりあえず、今すぐにやっておくことは、この4つ。

    何のために預金するのか?

    預金の目的と意味は、

    資産を『増やす』『守る』『稼ぐ』です。

    人口減少、経済成長マイナスの日本では、金利、通貨、年金、資産などは守れない。

    『もう日本では夢はかなえられない』          
    リスクヘッジ(対策)が必要です!

    対策のとして、

    海外オフショア(税率20%以下の国や地域) の銀行と取引を始める。

    海外オフショアでも、CRS加盟国ではない、アメリカ、フィリピン、タイ、台湾など資産運用する

    タックスヘイブン(租税回避地)で、資産運用する。

    まとめ

    ①本来の銀行の業務を行っていない銀行・郵貯は倒産直前です。早く解約しましょう。

    いざという時にお金を支払えないことが銀行預金のリスク

    人口減少、経済成長マイナスの日本では、金利、通貨、年金、資産などは守れない。

    海外オフショア(税率20%以下の国や地域) の銀行と取引を始める。

    お金は、運用して稼いで増やしていきましょう!

    日本の銀行は倒産直前です。早く解約しましょう。

    💛最後までお読みいただきありがとうございました💛

    お金の運用について参考になる本を紹介します。ご覧になってみて下さい!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる